定款(抄)

(名称)

第1条
本会は、特定非営利活動法人HIVと人権・情報センターと称し、登記上はこれを特定非営利活動法人エイチアイブイと人権情報センターと表示する。英文では、Japan HIV Centerと表示し、略号をJHCとする。

(事務所)

第2条
(略)

(支部および事務局)

第3条
本会は、前条の事務所をそれぞれの住所とする支部、および前条第1項の主たる事務所を住所とする全国事務局によって構成される。
2
支部の名称は、大阪支部、東京支部、四国支部、中部支部、兵庫支部、岡山支部、長崎支部、および和歌山支部と称する。
3
いずれの支部にも属さない事業、支部間の調整および全国的、全会的な事業を行うため、全国事務局を置く。

(目的)

第4条
本会は、感染経路を問わず全てのエイズ患者、エイチアイブイ感染者(以下、発症した者を含めて感染者とする)を支援し、感染不安を持つ人のみならず、エイチアイブイに関わる全ての人々に対しても支援や働きかけを行い、エイチアイブイに対する差別と偏見をなくし、共に生きる社会の創造に寄与することを目的とする。

(特定非営利活動の種類)

第5条
本会は、第4条の目的を達成するために、特定非営利活動促進法第2条別表の1号(保健、医療又は福祉の増進を図る活動)、2号(社会教育の推進を図る活動)、8号(人権の擁護又は平和の推進を図る活動)、9号(国際協力の活動)、11号(子どもの健全育成を図る活動)、および12号(前各号に掲げる活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡、助言又は援助の活動)に該当する活動を行う。

(特定非営利活動にかかる事業の種類)

第6条
本会は、第4条の目的を達成するために、エイチアイブイ、エイズに関わる次の事業を行う。
(1)感染者支援事業
(2)診療及び相談事業
(3)啓発、出版、教育、その他エイチアイブイへの理解増進に寄与する活動
(4)議会、行政、マスコミ等への働きかけ
(5)調査研究活動
(6)会員やエイズ・エヌジーオー・メンバーの育成、およびエイチアイブイに関心を持つ一般市民のための教育、研修活動
(7)国内外のエイチアイブイ関連団体等との交流

以下(略)

▲ページ先頭に戻る