愛と性について考える中高生のためのマンガ「すとーりぁSEX」発売のお知らせ

自分の性や性的指向、性感染症について悩んでいる子どもたち。デートDV(ドメスティック・バイオレンス)や望まない妊娠を誰にも相談できないでいる若者たちがいます。セックスを早く、多く経験することがステータスであるかのようなプレッシャーを抱えて、自分や相手の心や身体のことをじっくり見つめ合う機会が子どもたちに必要ではないでしょうか。

「すとーりぁ」シリーズは若者たちに気軽に読んでもらえるよう、今を生きる高校生を等身大で描いています。ぜひ、地域の図書館や学校の保健室での教育ツールとしてもご活用ください。

作品紹介

交際相手から携帯メールを無理矢理見られたり、したくないのに強引なセックスを求められたり、妊娠や性感染症が心配なのにコンドームを着けてくれなかったりと、そんな相手が本当に自分のことを大切に想ってくれているのでしょうか?

「愛している=セックスをしたい」ことと「愛していない=セックスしたくない」ことは必ずイコールの関係でしょうか?いいえ、「愛している=セックスしたくない」という選択もあります。

今好きな人がいる人も、いない人も中高生の愛と性について考えてみませんか。

この物語はフツーの高校生とその周辺の青春群像を親しみやすいマンガで描き、どう生きるかを問いかけています。

あなたとあなたの大切な人のために、ぜひ、一緒に読んでください。

「すとーりぁSEX」

チラシ
チラシ(PDFファイル256KB)

発売日
2012年2月29日
定価
1,050円(税込)
規格
A5判並製、103頁、モノクロ
松永昌子
特定非営利活動法人HIVと人権・情報センター
発行
株式会社解放出版社

お問い合わせに関しては「株式会社解放出版社」
TEL 06-6581-8542 FAX 06-6581-8552

お求めは全国の書店、オンラインストアなどで。

AIDSの基本がわかる中高生のためのマンガすとーりぁAIDSSTIも好評発売中。

▲ページ先頭に戻る